ご挨拶

理事長挨拶

社会福祉法人小樽北勉会は、法人設立翌年の1982年に特別養護老人ホーム望海荘を開設しました。当時の小樽市における高齢化率(全人口に占める65歳以上の高齢者の割合)は、11%程度でしたが、2000年には23.4%となり、小樽市は超高齢社会に突入しました。その後も、高齢化率は上昇の一途をたどり、2020年には41.2%となり(全国平均28.6%)、小樽市は北海道内主要10市の中で最も高齢化の進んだ都市になりました。

このような超高齢社会の中で、社会福祉法人小樽北勉会は、高齢者とそのご家族の皆様の要望に応えるために、高齢者福祉事業を展開して参りました。

現在では、特別養護老人ホームリバーサイドなんたる(旧望海荘)、同朝里温泉、同東小樽に加えて、地域密着型のラポールなんたるとラポールゆらぎの里を運営して、特別養護老人ホーム5施設の定員は計338名となっております。さらに、軽費老人ホーム(ケアハウス)、デイサービスセンター、ショートステイとホームヘルパーステーションに加えて、居宅介護支援事業所と小樽市東南部地域包括支援センターも運営し、多様な福祉サービスを通じて、在宅高齢者も支援しております。

多くの高齢者はそれぞれ病いを抱え、また、感染症に罹患しやすいので、体調の変化には気をつけなければなりません。小樽北勉会では、切れ目のない福祉と医療を実現するために、医療法人勉仁会と緊密な連携のもと、誤嚥性肺炎等の感染症や内科疾患、および、認知症等に対応し、歯科治療と口腔ケアも行なっております。

私どもは、高齢者の生活と人格を尊重し、優しい心で接するとともに、多様化する介護ニーズに対応し、利用者の皆様にきめ細かいサービスが行き届くように、常に研鑽し、資質向上に務めております。利用者とご家族の皆様に満足していただけるように、今後とも一層努力して参る所存です。

社会福祉法人 小樽北勉会
理事長 中垣 葵

法人理念

  1. 地域社会における 役割を十分に踏まえて施設機能を高め、サービスの改善に取り組んで住民の理解と信頼を獲得する
  2. 生涯学習の精神を保ち常に質の高いサービスが提供できるよう介護視野の習得に努める
  3. 高齢者の生活と人格を尊重し、優しい心で接するとともに信頼を得るように努める
  4. 職員相互の交流を通じて互いに助け合い、処遇の専門技術と知識の習得に努め、倫理の向上に努める

法人沿革

昭和56年
11月
社会福祉法人小樽北勉会 設立
昭和57年
4月
特別養護老人ホーム望海荘 開設【100床】、寝たきり老人等短期入所事業 受託
昭和58年
6月
望海荘診療所 開設
昭和62年
4月
痴呆症老人等介護指導事業 受託
平成元年
6月
中垣葵理事長 就任
平成2年
3月
新光デイサービスセンター運営 受託
平成6年
4月
特別養護老人ホーム望海荘 増床【150床】
5月
在宅介護支援センター事業 受託
平成7年
4月
ホームヘルプサービス事業 受託
平成8年
11月
シルバーハウジング生活援助員派遣事業 受託
平成9年
4月
軽費老人ホーム福寿荘運営 受託
5月
軽費老人ホームケアハウス朝里温泉 開設【50床】
9月
デイサービスセンター朝里温泉運営 受託
平成12年
11月
老人保健施設朝里温泉 開設【50人】
 
通所デイケア 開設【10人】
 
ケアハウス朝里温泉 増設【100床】
 
ショートステイ朝里温泉 開設【24人】
 
在宅介護支援センター朝里温泉 移設
 
ヘルパーステーション朝里温泉 移設
 
訪問看護ステーションつつじ 移設
 
居宅介護支援事業所朝里温泉 開設
平成18年
5月
特別養護老人ホーム朝里温泉 開設【80床】(内 ショートステイ 8人)
平成19年
1月
東南部地域包括支援センター事業 受託
平成21年
3月
地域密着型特別養護老人ホームラポールなんたる 開設【29床】
4月
デイサービスセンターラポールなんたる 開設【27人】
平成24年
3月
地域密着型特別養護老人ホームラポールゆらぎの里 開設【29床】
平成29年
4月
特別養護老人ホーム東小樽 開設【100床】
平成30年
9月
新光デイサービスセンター 廃止
令和2年
9月
介護老人保健施設ラポール朝里温泉 廃止
10月
ショートステイ朝里温泉 増床【24人⇒40人】
令和4年
10月
特別養護老人ホーム望海荘 移転改築
施設名変更「リバーサイドなんたる」定員変更【142人⇒100人】